Main Content

法事と菩提寺

法事を行うときは、菩提寺に連絡を入れ、その住職等のお坊さんを派遣してもらうのが一般的です。

葬式や納骨などの亡くなった後直後の法事であれば、10万~20万ぐらいはお布施として包みます。

お葬式の時、斎場業者等から紹介され、菩提寺以外のお坊さんに読経を頼んだりすると、費用がかさんだり、トラブルの元になるので、必ず菩提寺に連絡を取りましょう。

そのほかに、お墓へ埋葬する作業を依頼したり、生花を用意したり、という費用も2万~3万はかかるでしょう。

これら以外の法事(一周忌、三回忌など)であれば、お坊さんへの読経のお布施は3万~5万ぐらいが一般的です。

そのほかに、御車代やお食事をするなら御食事代を包みます。

大勢呼んで斎場等を借りて行うのであれば、レンタル費用等も必要になります。

最近都市部では菩提寺を持たず、霊園を購入して、埋葬だけしてもらうという人も増えて来ました。

そのような人は、法事とは無縁かもしれません。

しかし、死んだら霊園に埋葬するだけ埋葬して、親族等もたまに墓参りしに来るだけ、というより、法事を定期的に行い、故人を偲び、残された親族の交流を深め、今後の一族の発展について語り合うというのが、前向きな人生の在り方であると言えるでしょう。

ピラティスのプライベートレッスン

Comments

No comment yet.

Compose Comment

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>